什器リサイクルを利用する

結構な費用節約になる

社内

事務机は、何処の事業所にもあります。
オフィスを開設したり、人員を増やしたりする際には、事務机を新規購入する必要があります。
オフィスで使用する什器は、事務机を初めとして高額な物がほとんどです。
事務所開設の費用が百万円を下らないのは、そのような費用が掛かるからです。
そこで、費用を抑える裏技として、什器専門のリサイクルショップを利用する手があります。
什器リサイクルショップは、都市部には数多く存在しています。
この手のリサイクルショップは、広範囲に取引を行っているので、デパートや専門店並みの在庫を有しています。
販売している商品の価格も、通常の半額以下となっています。
中には新品同様の事務机やロッカーも数多くあり、オフィスの新設やリニューアルには持ってこいの存在です。
什器専門のリサイクルショップの価格が安いのは、販売網の強さも影響しています。
一般の顧客に商品を売る通常のリサイクルショップに比べ、その販売力は2倍から3倍とも言われています。
そのようなお店では、懇意にしている顧客に情報提供するサービスも行っています。
お店の会員になることで、希望の商品が入荷した時に、優先的に知らせてくれるのです。
また、会員には、購入する時だけでなく、品物を販売する時にもメリットがあります。
会社の事務机などの什器類が不要になった時、割り増し価格で引き取ってくれることも多いのです。
オフィスの什器類に係る設備費を節約するためには、この手のお店を利用するのが有効です。

職種による選び方の違い

オフィス

デスクワークが中心の方は勤務時間のほとんどを事務机に向かって仕事をしています。
そのため使い勝手の悪い事務机では快適性が悪いばかりか作業効率を損なう原因にもなります。
事務机は耐久性の高い製品ですので、長年にわたって使い続けられる什器ですが、仕事の内容や利用する目的によってサイズや機能が変わってくるものです。
オフィスのリニューアルの際、内装などに比べて後回しにされる事が多い事務机ですが、仕事のし易さ、快適性に関わる問題ですので、見直しが必要な家具・什器の一つとなっています。
パソコン作業が多い現代ではかってのように天板に書類を広げる機会も少なくなってきました。
以前は事務机の奥行は書類を広げやすいように70センチが一般的でしたが、現在ではパソコンが使い易い60〜70センチが主流になっています。
事務机の高さはかっては70センチが占めていましたが、日本人の体格の発達や足元の広さなどで72センチが推奨されています。
事務机が2センチ高くなる事により、事務机上段の引き出しの深さが2センチ増え、A4ファイルが縦に置く事が出来るなど活用性が大きく向上します。
事務机は平机、片袖机、両袖机など種類がありますが、どれを選ぶかは職種の適性によって違ってきます。
書類やファイルが多い事務系職種では収納量が確保出来る片袖机や両袖机がおすすめです。
小スペースオフィスでは片袖で天板の奥行の少ない方が使い勝手が良いでしょう。
現在に多いパソコン作業が主で書類などは壁際の棚に収納するというオフィスでは、足元のクリアランスが取れる平机が向いています。
平机の横に補助机を置いて複数のパソコンを活用する際など、足元が自由になるので作業性がアップします。
事務机は一度購入すると何度も買い替えをするという製品ではありません。
デザイン性や価格などに惑わされず、利用目的や活用方法から選択すると快適なオフィスワークが可能になります。

業績に影響を与えるアイテム

ウーマン

新たに事業を始めたり、オフィスの模様替えの際に必要となるのが事務机です。
事務机は、どんな業種でも必要となるアイテムの一つであり、時には業績すらも左右するような、業務上最も身近で従業員に影響を与えるアイテムです。
事務机は安いものから高いものまで、デザインや形態によっても様々ですが、従業員が快適に業務に臨めるようなこだわりを持った机を選びましょう。
事務机を選ぶ際には、まずはオフィスの広さを見て、使用方法を考えます。
広いオフィスであれば、一つ一つ独立した形の事務机が使用できますが、スペースが狭い場合には、複数人で使用できるような連なったコンパクトな事務机が適しているといえます。
また、一日中事務机を使用するような業務であれば、従業員一人に付き一台用意する必要がありますが、営業のように殆ど外出していて使う機械が低いのであれば、数人でシェアするという方法もあります。
また、使用する人が男性が多いのか女性が多いのかといった点でも、事務机の選び方は変わってきます。
男性が多いのであれば横幅や奥行きが広い方が使いやすいでしょう。
一方、女性が多いオフィスであれば、引き出しの多い事務机を用意するなど、従業員が効率的に、また快適に動けるよう考えて購入しましょう。
事務机はホームセンターなどでも手に入りますが、まとめて購入するのであれば、通販サイトがおすすめです。
事務用品専門のサイトもあるので、一度覗いてみましょう。

会社の設備の揃え方

オフィス

新規事業を始める際に必要なのが事務机の準備です。安く手に入れるために、購入の際には業者ごとに価格をチェックするようにします。購入する製品が決定したら、開業予定日から逆算して数日前には届くように申し込んでおくことが大事です。実店舗以外にネット通販で購入することも可能です。

もっと読む

オフィスのデスク選び

女性

事務机には、収納空間がなくシンプルで軽い平机、引き出しが片側あるいは両側についていて収納が便利である片袖、両袖机があります。また、部屋隅に設置したり四つ合わせるなどして、限られたスペースを活用することができるL字デスクもおすすめです。作業や収納に必要な空間、設置スペースの広さに応じ選びましょう。

もっと読む

什器リサイクルを利用する

社内

事務机などの什器類は、オフィスに必須の品です。オフィス新設やリニューアルには、新規購入の必要がありますが、その費用はばかになりません。その費用を抑えるためには、什器専門のリサイクルショップを利用することです。品揃えが多く、新品の半値以下で什器類が手に入ります。

もっと読む